カテゴリー
未分類

2021年の仮想通貨事情

2021年度においては、仮想通貨は強気の値上がりが予想されると言われています。その理由の一つは、2021年現在においては投資家の方は投資すべく企業に投資をしても見返りを得ることが出来ないという状態が続いているためです。何故、投資をしても見返りが得られないかについては、2020年においてはコロナウィルスが猛威を振るっており、現在においても同様に猛威を振るっているため、投資すべく企業と言う物は限られます。

その上で投資家が利益を得ることが出来る物と言うのが仮想通貨事業になり、副業ではなく本業で本格的に投資をする人物が増えたのです。では、個人が投資をする場合、投資が容易なのかという点に焦点を当てて仮想通貨を解説しますと、これについては難しいと言えます。

その理由は、ビットコインは言わずもがな2020年以降値上がりが続いており、リップルにおいては2020年に値下がりこそ見せましたがまた値段が上昇するなどさらなる上昇を見せています。その為有名な銘柄においては、残念ですが仮想通貨の投資をすることは難しく、仮想通貨の購入自体が難しいと言えます。

では、マイナーな仮想通貨はどうであるかですが、こちらについては個人投資家には相手にされていない為、利益率の他購入率から分析した場合、プラスへと転じるかは微妙です。というのも、すでにビットコインやリップルという大きな仮想通貨市場がある中、何時消えてなくなるか分らない物に手を出す投資家と言うのは少なく、今後においてはマイナーコインと言う仮想通貨は、2021年以降からは消えてなくなってしまう可能性もあります。

ですが、マイナーコイン自体が生き残れないとは私は思いません。その理由は、マイナーコインであっても有名企業、例えばマイクロソフトやgoogleのような大きな企業とコラボすることで生き残ることが出来仮想通貨のサービスを拡大することが出来るという意味です。逆を返せば、マイナーコインはそこまでしないと生き残ることが出来ず、ただ単に存在しているだけでは無意味で仮想通貨を持つことに意味を見いだせないと次第に潰れるであろうというのが私個人の意見です。

以上から仮想通貨事情においては2021年以降も上昇する可能性があり、投資家の方が何か電子通貨以外への投資物を見出さない限り安定的に投資が続くものと判断しますが、問題においては存在価値すらなくなってしまう仮想通貨の存在もあるため、新規で参入することがますます難しくなる市場となると想定します。